美味しい食べものとお酒、旅にまつわる日記
by eichikay
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
レストランクルーズ
酒場放浪
ワインワインワイン
ワイン&ディナー@Kay's
ワインクラス@Atelier
おうちごはん
修行中です
大きな旅小さな旅
美味しいものいろいろ
日々のできごと
未分類
以前の記事
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

インテリ集う酒場・兵六

新年の特番「あけまして酒場放浪記」は、このお店からの生中継(風ですが、実は録画だ
そうです。)で始まりました。昭和23年創業の古典的酒場、神保町・兵六
書店街の裏路地に、多分創業以来ほとんど変わらない佇まい。もっと大きなお店を想像
していましたが、コの字型のカウンターにせいぜい12-3名、2つのテーブル席に8名で
満席です。18時の待ち合わせで、運よくカウンターに座ることができました。

b0184901_16565237.jpg




なんとも風情のあるお店です。場所柄、多くの文人も通ったとか。
私のお隣は、兵六の大ファンとしても有名な、詩人の水上紅さんでした。
派手目のファッションが小森のおばちゃま風で、ニコニコとしたチャーミングな方!
お隣の紳士連と熱く文学論を交わしているあたり、やはりタダモノではないですね。
カウンターの中には、ほっそりしていて穏やかな雰囲気の3代目(30代半ば?)が陣取り、
要領よく注文や配膳をさばいています。
テーブル席へは、カウンターのお客さんの頭ごしに銀のお盆が行き交うのもおもしろい。

b0184901_1714366.jpg


メニューは、木の札に書かれた「昔からのもの」と紙の短冊に書かれた「新しいもの」に
分かれています。ここはまず名物の餃子から。皮が香ばしく焼けていて、餡はあっさりめ。

b0184901_1764148.jpg


豆腐炒めも古いメニューです。中華料理酒場だったのか?いいお味でした。

b0184901_1710327.jpg


ビールの次は、「さつま無双」をいただきました。徳利に入った焼酎がちっちゃなヤカンの
お湯と一緒に出てきて、自分でお湯で割りながら飲むのです。

b0184901_17134931.jpg


周りの人が食べている本日のお勧めのシュウマイが美味しそうで、私達も注文。
皮に包まれたものと餅米をまぶしたものの2種類、かなりボリュームがあります。
それにしても、中華料理がこんなに美味しい酒場って初めてかもしれません。

b0184901_17152763.jpg


お隣の紅さんが、「お嬢さ~~ん、このこびなご、食べてごらんなさいな。身体に良くて
美味しいのよ~。」とおすそ分け下さいました。もうオバサンですけど、紅さんから見れば
まだまだひよっこ、娘っこですわね。お、焼酎に合います!
なんて友達と話していたら、「今度はごびなごを焼酎につけてしばらく置いて、味を出して
食べてみて。焼酎もこびなごも、両方美味しくなるのよ。」と、もう一つおすそ分けを。
いいですね、こういうのって酒場の醍醐味だ!

b0184901_1720979.jpg


近所の酒場と少しムードが違うのは、集うおじさま&おじいさま方がみなさんインテリ風
だということ。ハードカバーを読みふける一人客、リュックサックに詰め込まれた古本屋で
収集してきたであろう本を見せ合う二人客、熱く文学論を戦わせる三人客・・・。
決して気取っている訳ではなく、皆さんお酒を楽しんでいらっしゃいます。

b0184901_17235839.jpg


10年後もこの店で飲むためには、紅さんのように中身も磨いておかないといけないかも?
気持ち良い空気と時間の流れる、さすがの名店でした!
[PR]
by eichikay | 2009-10-01 23:43 | 酒場放浪