美味しい食べものとお酒、旅にまつわる日記
by eichikay
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
レストランクルーズ
酒場放浪
ワインワインワイン
ワイン&ディナー@Kay's
ワインクラス@Atelier
おうちごはん
修行中です
大きな旅小さな旅
美味しいものいろいろ
日々のできごと
未分類
以前の記事
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

あのバルベッラともう一度会いたくて

昨年の11月にICAROでいただいた、バルベッラのこれまでの印象を覆す素晴らしい1本が、
Casa coriniのBARBERA D'ASTI。もう一度会いたい!あの妥協のない郷土料理と共に、
北イタリアの旅を追憶したい!という想いで、中目黒のICAROを再訪しました。
お店のお正月休み中にメールで予約をお願いし、もう一度同じワインをいただきたい旨
書き添えておいたところ・・・ちゃんと準備して待っていて下さいました。さすが宮本兄!
「前回は2003をお出ししましたが、1996が手に入りましたのでぜひ」とのこと。
濃厚と言えるほど果実がしっかりあった2003。ほどよい熟成を経てまろやかさも加わった
1996は、さらに素晴らしいものでした。宮本兄は「この作り手は好き放題作ってますから」
とおっしゃいますが、私はなかなかの策士だと思う。奔放さもあるけれど、どこか緻密な
ワインです。ご一緒したKBさんも絶賛!

b0184901_23115450.jpg




バルベッラの前にいただいた、ウンブリアのシャルドネとシチリアの・・・あれ?
グレカニコだっけ?も絶妙な酸とコクがあっていいワインでした。ワイン選びのセンス、
管理やサービスも良いお店なんですよね~。
合わせた有機野菜のサラダは、しっかりと甘味やほろ苦味のある野菜達が愛しいくらい
美味しい。こういうものを前菜に頼むようになるって、年齢かしらね。

b0184901_23192233.jpg


もう一品の前菜は、レバーと砂肝をコンフィにして温野菜と合わせたもの。サラダっぽさ
もあり、食べ応えもあり、白でも赤でもどんとこいといった懐の深さもあり、私としては
大好きな一品でした。

b0184901_2323965.jpg


前回いただいて本当に美味しかった蝦夷鹿のラグーのパッパルデッレは、どうしてもKB
さんに食べて欲しくって。ピエモンテの名物料理ですから、ピエモンテのバルベッラとは
抜群の相性です。リッチなラグーですが、ぎりぎりまで甘味を抑えてあり、個人的には
リストランテ濱崎のものより好きだなあ。

b0184901_2326224.jpg


おしゃべりに夢中になっていると、結構お腹がいっぱいになってきてしまって・・・
もう一品だけと頼んだのは、ベーコンと野菜のキッターラでした。塩気の強さが手打ちの
キッターラを引き立てる感じ。これも美味しい!(お店が暗くて写真が・・・)

b0184901_23282710.jpg


ワインもあらかた飲みつくし、ピスタチオのクリームブリュレをシェアしていると、
またまたデザートワインをサービスして下さいました。幸せ。

b0184901_23303683.jpg


やっぱり大好きです、ICARO。全てにおいて質が高いのに、全く気取っていない。
私にとって「丁度いい」感じのお店なんですね。
この日は「ホッピー飲んだことない」というKBさんと、ICAROのすぐ近所の酒場「紅とん」
にて、ホッピーをアペリティフにいただきました。ホッピーに白と黒があるのに感動し、
「これってZIMAみたいだね」なんてコメントしちゃうところがやはりお坊ちゃま。

b0184901_23443351.jpg


超優良・最先端米企業の某社からヘッドハントをされていて、週末にアメリカに呼ばれて
経営陣と会うというKBさん。某社は、私が一緒に仕事をしていた頃から「僕が最も尊敬する
経営者の会社」と言っていたのだから、素晴らしいチャンスですね。当時から、彼のビジネス
に対する熱意や発想力、行動力、そして仕事の楽しみ方には感心させられてきました。
海を越えてオファーが来るのも、そういう彼だからこそですね。友人として誇りに思います。
嬉しい話を聞かせてもらい、またまた楽しい夜でした!
[PR]
by eichikay | 2010-01-16 22:58 | レストランクルーズ