美味しい食べものとお酒、旅にまつわる日記
by eichikay
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
レストランクルーズ
酒場放浪
ワインワインワイン
ワイン&ディナー@Kay's
ワインクラス@Atelier
おうちごはん
修行中です
大きな旅小さな旅
美味しいものいろいろ
日々のできごと
未分類
以前の記事
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

金のカトラリーでエコディナー

有機野菜は高い。農薬・除草剤・化学肥料等を使用して大量に作る野菜と違って手間が
かかるということ、単位面積あたりの収量が格段に少ないことなどが理由としてあげられ
ます。健康にはひと一倍気を使っている私も、やはり有機野菜を購入する際は、家計を思う
と若干の躊躇があります。。。
でも、「高い→売れない→さらに高くなる→有機農法の農家が減る」という循環になるのは、
これからの日本の食を考える意味でも、あってはならないですよね。
と、前置きが長くなりましたが、有機野菜の本当の美味しさを学びつつ生産者と料理人と
食べる人との交流を深める「エコディナーの会」に参加してまいりました。学士会館内の
フレンチレストラン・ラタンの大坂総料理長の企画で、今回が7回目になるそうです。
毎回ひとつの「こだわり野菜」を取り上げて、その野菜の隠れたストーリーと魅力を紹介
するという大人の食育会です。エコディナーでありながら、さすが学士会館!テーブルには
純金のカトラリーと参加者のイニシャルが刺繍された真っ白のナプキンが・・・。美しい!
本物の金のカトラリーは、学士会館、皇居、帝国ホテルにしかないそうですよ。

b0184901_22544985.jpg





今回のテーマは、熊本県不知火干拓で栽培されている「しおキャベツ」。台風で海水に沈ん
でしまった農地に生き残った生命力の強いキャベツで、巻きが強くボリュームがあり、甘み
と旨みがしっかりとあります。海水の天然ミネラルが野菜本来の味を引き出して、これまで
にないキャベツができたのだそう。

b0184901_2304066.jpg


アミューズは、甘エビに茹でキャベツを巻いてバルサミコソースでいただくというもの。

b0184901_2322872.jpg


学びの場でもあるこの会では、通常のキャベツを同じ調理法で料理したものが一口づつ、
全てのお料理についてきて、食べ比べをすることができます。

b0184901_2353573.jpg


塩キャベツのピュレとベーコンをのせたフォワグラのポアレ。キャベツのピュレって、
こんなに甘くてほっこりと美味しいの?驚きです。

b0184901_2371524.jpg


普通のキャベツのピュレは、もっとあっさりした感じ。

b0184901_2383710.jpg


キャベツそのものの旨みをしみじみと感じられるポトフでした。

b0184901_238585.jpg


塩キャベツの巻物を添えたソイのグリルは、あっさりしたお魚より、ホタテのすり身を
巻いた塩キャベツの方がメインのよう。

b0184901_231031100.jpg


普通のキャベツだと、メインコースというより前菜風になります。

b0184901_23112059.jpg


千葉県産これない豚のロティは、絶妙の焼き具合が素晴らしい。これない豚って初めていた
だきましたが、少しまったりした舌ざわりでとても美味しいお肉でした。キャベツと豚は
黄金コンビですね。かなりのボリュームを平らげてしまいました。

b0184901_23151460.jpg


デザートは、しおキャベツのミルフィーユ仕立てです。キャベツそのものがはじめからミル
フィーユ状態ですものね。アイデアだなあ。あっさりした食感にメイプルシロップの甘さ、
クラッシュジェリーと黒糖のソースの甘さが、柔らかなハーモニーです。

b0184901_23173310.jpg


お料理に合わせて、ニュージーランドの白ワインと南仏の赤ワインが出てきました。どちらも
お食事を邪魔せず、ゆるゆるといただけるいいワインでした。

b0184901_23185077.jpg


毎回参加されているという紳士からの差し入れで、25年ものの泡盛としまらっきょうも
いただいてしまいました。どちらも強烈!

b0184901_23183244.jpg


大坂総料理長をはじめ調理場の皆さん、サービスの皆さん自らが楽しみながら、この会を作り
上げているのを感じました。いろいろなお話を伺い、面白い食体験をさせていただきました。

b0184901_2326936.jpg


また次回もお伺いします!
[PR]
by eichikay | 2010-01-27 10:37 | レストランクルーズ