美味しい食べものとお酒、旅にまつわる日記
by eichikay
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
レストランクルーズ
酒場放浪
ワインワインワイン
ワイン&ディナー@Kay's
ワインクラス@Atelier
おうちごはん
修行中です
大きな旅小さな旅
美味しいものいろいろ
日々のできごと
未分類
以前の記事
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:レストランクルーズ( 107 )

またまた北イタリア料理@田町・ラチャウ

前世はイタリア人かなあ。イタリアンなら、いくら食べても食べ飽きないのです。
イタリアの政府関係機関に勤めるYKEちゃんお勧めの北イタリア料理のレストラン・田町の
ラチャウに、友人達と出かけました。田町の駅から10分ほど歩きますが、落ち着いた佇まい
の素敵なレストランです。

b0184901_23273558.jpg


More
[PR]
by eichikay | 2010-09-02 23:23 | レストランクルーズ

好きです、ICARO

ちょくちょくイタリアンには行きますが、今一番好きなイタリアンはどこかと聞かれたら、
やっぱり中目黒のICAROです。本場の洗練された北イタリア料理もさることながら、ワイン
のセレクトもお店の雰囲気もサービスも文句のつけようナシなんですよね~。
美味しいお料理とワインを前に、好きな人とゆっくりおしゃべりを楽しみたいお店。ワイン仲間
のNDさんと訪れたこの日いただいたメニューの中でも、アジのカルパッチョをカポナータに
乗せた一皿は、一品ならぬ逸品でした。何もかもが心地良く、気がついたら真夜中!

b0184901_23163472.jpg

[PR]
by eichikay | 2010-08-31 23:09 | レストランクルーズ

渋谷にあるパリ@コンコンブル

ワインスクールの帰り、久しぶりにコンコンブルへ。ランチもディナーもワインも手頃で
美味しく、妥協のないパリのビストロといった感じの、大好きなお店です。
お料理は全く、日本人向けにアレンジされていないんじゃないかなあ。赤のギンガム
チェックのテーブルクロスのかかる店内の雰囲気も、ぎゅぎゅっとパリそのもの。

b0184901_20395860.jpg

[PR]
by eichikay | 2010-08-06 11:46 | レストランクルーズ

複雑なバローロ@四谷三丁目ラ・ヴィータ

かれこれ6年前、ワインスクールの最初のクラスで知り合ったメンバーで、今も2ヶ月に
1回集まってワインを飲んでいます。いまやワイン探求より食事とおしゃべりの会になって
しまってるんですけどね。今回は、四谷三丁目のイタリアン「ラ・ヴィータ」に、イタリアワインを
持ち込んで、8名が集まりました。JKさんのお友達がイタリアから直接輸入しているワインで、
あまり市場にも出回っていないものばかり。一番面白かったのは、このバローロでした。
フラッテリ・アレッサンドリアという作り手ですが、モダンともクラシックともつかない味わいで、
そろそろ飲み頃といってもいい1999年。ふーーむ、複雑です。ここ1年ほどイタリアワインに
傾いていて、バローロもいろいろ飲んでいますが、いっこうにつかめませんね。

b0184901_23311458.jpg


More
[PR]
by eichikay | 2010-07-23 23:23 | レストランクルーズ

冷えた日本酒、お蕎麦で締めて@白金高輪・割烹井上

白金高輪の三光坂近く、「こんな所にお店が?」というような裏通りの住宅街にあります。
白木の美しいカウンターに、職人気質がにじみ出るおやじさん。もう一人の板前さんは
息子さん、サービスは奥さんでしょうか。白金高輪に新しくできたワインショップ・サンクセンス
でテイスティングを楽しんだ後連れていっていただいた割烹井上は、「割烹」と銘打ちながら、
どことなく家庭的な雰囲気の漂うお店です。ここではやっぱり日本酒でしょう。きりっと冷えた
「来福」が身体に染み渡ります。

b0184901_1350963.jpg


More
[PR]
by eichikay | 2010-07-21 13:19 | レストランクルーズ

イタリア人化?サルディニア人化?@渋谷タロス

ワインスクールのクラスメイト達と今夜の遅いディナーは、渋谷駅ほど近くのサルディニア
料理のレストラン「タロス」へ。金曜日の夜ということもあるのでしょうが、広い店内は
驚くばかりの賑やかさ、騒がしさです。誰もがおおいに食べ、おおいに飲み、おおいに
しゃべってる、という感じ。あまりのお店の騒々しさに、10名のメンバーも大声でおしゃべり
することになり、ますますお店は賑やかになっちゃうんですね。
この時間にこの雰囲気、まるでイタリア人、いやサルディニア人です。フランス領コルシカ
の南に位置するサルディニア島は固有の文化を持ち、サルディニア人として誇り高いと
いう話ですから。お料理もまた素朴で賑やか!どーんときた前菜の盛り合わせ、圧巻でした。

b0184901_17405393.jpg

[PR]
by eichikay | 2010-07-18 17:32 | レストランクルーズ

ガールズ?トーク@アポンテ恵比寿

ときどき前を通ると、カウンターの中できびきびと働くシェフ達の姿が見えたり、入り口付近で
ミーティングしている様子が見えたり・・・恵比寿と目黒のちょうど間くらいにあるアポンテは、
半地下にガラス張り、厨房をカウンターが囲む、モダンでステキなイタリアンです。
今宵はこちらで、YKちゃんとガールズ(というには、ちょっとお歳が。。。)トーク炸裂!

b0184901_13175379.jpg


More
[PR]
by eichikay | 2010-07-07 13:12 | レストランクルーズ

生パスタ研究@赤坂パスフェ

夜ご飯どきの赤坂、ペコペコのお腹で一人ご飯のお店を探していると、「生パスタ・バカ」の
看板が目に入りました。生パスタ・バカ?お店の名前は「パスフェ」ですが、バカがつくほど
生パスタにこだわったパスタハウスということらしい。手打ちパスタ修行中の私としては、
行ってみるでしょー。ちょっと洒落た食堂といった感じの、なかなか雰囲気の良いお店です。
すごい数のメニューの中からオーダーしたのは、オットの大好きなカルボナーラ(と、当然
生ビール)。880円っていう価格も魅力的で・・・最近ちょっとしたイタリアンだと、パスタが
2000円近くしたりするんだもん。もちろんコンセプトは全く違うのですが。
ホントに熱々モチモチ!コシのしっかりしたうどんに通じるパスタです。うちでは絶対こうは
行きません。デュアルセモリナ粉のなせる技?「バカ」がこだわった生麺に納得です。
お味はやや複雑。私の好きなシンプル系ではなく、スープの入ったクリームソースパスタ・
カルボナーラ風です。クリームシチューと一緒にパスタをいただいているような感じ。
麺が本当に美味しかったので、また次は別のメニューにトライしてみたいな。

b0184901_102135.jpg


生パスタ専門店 銀座パスフェファンサイト応援中
[PR]
by eichikay | 2010-07-05 09:48 | レストランクルーズ

オットと京料理@新宿の岡崎・美先

ランチタイムの終わった3時過ぎに新宿での用事が終わり、オットと「デパートの上なら開いて
いるよね。」と、高島屋タイムズスクウェアに上がってみました。今年も一緒に京都へは行か
れそうにないし、"おごっ惣セット"という名前にも惹かれて、「京都岡崎・美先」で遅いランチを
いただきました。最近酒場放浪ばかりで、オットと向き合ってゆっくり外食するのは久しぶり!
新宿御苑の深い緑を眼下にのぞみつつ、京料理をいただきました。先付け4品に、主菜には
鰻の柳川鍋を選んだのですが、何より美味しかったのがご飯!ふっくらしながら、芯の通った
凛としたお米です。魚沼産コシヒカリだそうですが、炊き方も上手なのでしょうね。
先付けは、お酒飲みの私達にはちょっと味が薄くしまらない感じもしましたが、懐石風に少し
づついろんなものをちょこちょこといただける楽しみがいいですね。鰻の柳川鍋は、ふんわり
ねっとりした鰻と味わい深いお出汁が絶妙。食べ飽きない一品でした。
普段ワイン中心でどうしてもフレンチやイタリアンが多くなってしまいますが、たまには本格的
和食もいいものですね。オットとゆったりおしゃべりもでき、幸せな遅い午後でした。

b0184901_965728.jpg


都内本格レストランのフードワークスファンサイト応援中
[PR]
by eichikay | 2010-07-04 21:54 | レストランクルーズ

和とイタリアンのコラボ@GIAPONESE学芸大

東山に住むTMちゃんとのキャッチアップディナーに、二人の家の中間地点ということで
見つけたのが、学芸大学近くの駒沢通り沿いにあるオステリア・ジャポネーゼ。
ピエモンテ出身のイタリア人シェフに日本人のソムリエ、ジャポネーズと名前だけあって、
和風テイストのインテリアも面白い、産直の野菜と魚がいただけるお店です。

b0184901_836928.jpg


More
[PR]
by eichikay | 2010-07-03 08:52 | レストランクルーズ