美味しい食べものとお酒、旅にまつわる日記
by eichikay
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
レストランクルーズ
酒場放浪
ワインワインワイン
ワイン&ディナー@Kay's
ワインクラス@Atelier
おうちごはん
修行中です
大きな旅小さな旅
美味しいものいろいろ
日々のできごと
未分類
以前の記事
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:酒場放浪( 47 )

江戸一の餃子

近場のお気に入り酒場は、なんといっても江戸一。パワフルで笑いの才に溢れたママさんと
常連さんの掛け合いは、エンタの神様見てるより面白いのですよ。
そしていつも感心させられるのが、ママさんのお料理のレパートリーの広さ。早めに行くと
ちょうど「本日の大皿」をお料理していたりするのだけれど、何かレシピを見る訳でもなく、
手早く次々と美味しそうなお惣菜ができていくサマは、マジックを見ているようです。
江戸一の手作り餃子は、卵焼きパンにお湯を沸かして餃子を入れてまず茹で蒸し状態にし、
お湯を捨ててから胡麻油を回しかけて底をかりっと焼き付けます。普通は逆ですよね。
でもまたこれが美味しいの。中はジューシーで、お尻はパリパリ、皮はモチモチ。
うちも次回は、江戸一方式で焼いてみようっと。

b0184901_11513880.jpg

[PR]
by eichikay | 2010-02-28 11:41 | 酒場放浪

靖国神社、そして立石へ

特別な「気」を感じる場所ってあちこちにありますが、その中でも靖国神社は別格という
気がします。今年はお正月にお参りできなかったので、雪のちらつく寒い土曜日、オットと
二人で参拝に出かけました。英霊達がこの地を浄化しているのでしょうか。ここに立つと、
身体の中が「しん」と澄み切って、宙に吸い込まれるような感覚にとらわれます。

b0184901_23232.jpg


More
[PR]
by eichikay | 2010-02-19 22:47 | 酒場放浪

森下満喫酒場ツアー

隅田川を越えてすぐ、都営大江戸線と都営新宿線の交差する森下は、江東区の中で「深川」
と呼ばれる昔ながらの雰囲気を残したエリア。人情味溢れる商店街が健在とかで、テレビや
情報誌でもよく取り上げられています。うちからはちょっと遠くてなかなかご縁がなかったの
ですが、GYM友達のMNKさんと観光を兼ねた酒場放浪に出かけてみました。
雨が雪に変わりそうな寒い寒い夕暮れどき、地下鉄を乗り継いで森下に到着。目指すは歴史
ある森下一の有名店山利喜ですが、5時の開店よりずいぶん早く着いたので、まずは4時
開店の魚三酒場でいっぱいやることにしました。魚三は門前仲町の本店が、安くて旨い魚と愛想が悪くてこわ~いおばちゃんで超有名ですね~。

b0184901_16145351.jpg


More
[PR]
by eichikay | 2010-02-16 15:56 | 酒場放浪

男っぽい酒場?溝の口かとりや

発展めざましい溝の口の駅前に残る、昔ながらの西口商店街。その短い商店街の中ほど、
焼き鳥専門店かとりやがあります。表の路地側立ち飲み立ち食いカウンターは、焼き鳥を
ほおばり寒さに足を踏み鳴らしながら飲む人達で賑わっています。割り込めそうにないので
店内に入ると、こちらもお隣さんと肩が触れ合うほどギューギューなカウンター。
運よく二人席が空いて、座ることができました。古びた壁、使い込まれた木のカウンター、
もうもうと上がる焼き鳥の煙・・・まさに酒場。黙々と焼き鳥を焼くスタッフの男性2名と、
自分の世界で飲む一人客達(皆さん例外なくレバ刺しを食べていた)が、酒場の雰囲気を
男っぽく骨のあるものにしています。いい感じ!

b0184901_2359445.jpg


More
[PR]
by eichikay | 2010-01-29 23:39 | 酒場放浪

江戸一さま、今年もよろしく!

今年初めての江戸一に行ってまいりました。酒場放浪記に魅せられ、酒場を渡り歩くのを
夫婦の趣味として一年ちょっと。江戸一は自宅から最も近く、月に3回ほどのペースで
通い続けているお気に入りの酒場です。
オットの持論として、何事も研究活動には横展開と深掘りが必要ということで、江戸一は
深堀りの位置づけらしい。ほとんど毎日通う常連さんや、週末は必ずここで飲んで晩御飯を
食べるというご夫婦などとも顔馴染みになり、お店にお箸&箸箱も置かれ、私達にとっての
「行きつけ」の酒場になりました。少しわかってくると、酒場なりの人間関係やパワーゲーム
があったりもするのだけど、ママさんのパワーや心遣いも気持ちのいいお店です。
今夜はママさんが「いいお酒もらったから飲んで!」と、旭屋の麒麟という純米吟醸酒を
出してくださいました。「感謝」ってラベルもいいですね。すっきりした飲み口の美味しい
お酒でした。帰りにはママさん特製のたけのこご飯をお土産にいただいたりして・・・
やっぱりいい酒場だなあ。今年も何卒よろしくお願いいたします!

b0184901_225621100.jpg

[PR]
by eichikay | 2010-01-15 22:42 | 酒場放浪

屋久島の焼酎@馬車道のバー

桜木町で会社を経営するABさんと、馬車道のスペイン料理で忘年会。
まだ時間も早いので二次会でも・・・と立ち寄ったのが、なんとも味のあるバー
りいべるでした。スペイン料理に行く前に、たまたまこのバーの前を通りかかり、
中高年のオジサマ達がずらっと(それも皆さんお独りさま風)カウンターでビールを
飲んでいるのがガラス越しに見え、興味をそそられていたのです。
6-7人でいっぱいになるカウンターとテーブル席が2つ。昔の喫茶店のような、
スナックのような、昭和な雰囲気の漂うバーです。穏やかな笑顔と語りのマスターが
お一人で、30年この地でバーを続けられてきたとのこと。馬車道の歴史そのものですね。
ドイツビールを飲んでいると、年末で帰省してきたというマスターの息子さんが焼酎の
一升瓶を提げて登場。なんだかふんわりした昆布のような雰囲気のマスターと対照的に、
肉食系のスポーツマン(イケメン!)、きびきびとした明るい口調の好青年です。
「これ、屋久島の焼酎なんです。飲んでってください。」とご馳走になり、マスターの
昔話や息子さんのお仕事の話、結婚論などに盛り上がり、夜はふけていきました。

b0184901_18533058.jpg

[PR]
by eichikay | 2009-12-29 18:37 | 酒場放浪

フレンチ後の酒場「忠弥」

五本木のBON CHEMINで、フレンチとワインを堪能したぴーちゃんと私。
その前日にジムのスパで仕入れた「祐天寺に面白い酒場があるよ~」というネタを
披露したところ、「この辺りなんてめったに来ないから、今から行く?」なんて話が
まとまってしまいました。あなオソロシや。。。
開店は3時で開店前から行列ができているという有名店らしいのですが、4時に到着
するとあっさりと入ることができました。なが~いカウンターとテーブル席が一つ。
酒場のお約束・一人飲みの常連さんやご年配のご夫婦、会社帰り(というには早過ぎ
るだろっ)のサラリーマンなどで、ほぼ満席です。カウンターの内側にも、お客さん
が座れるようになっているのが面白いね。

b0184901_22594172.jpg


More
[PR]
by eichikay | 2009-12-23 22:52 | 酒場放浪

きりたんぽ鍋忘年会@あきた

冬には珍しい土砂降りの雨と底冷えする寒さの夜、「きりたんぽ鍋を食べた~~い」という
OKYちゃんのリクエストで、あきたで女3人の忘年会。うちからも、東急のどの駅からも15分
歩くあきたに到着したときには、身体はすっかり冷え切っていて、まさにきりたんぽ日和です。
2週間ほど前にお邪魔したときに予約したのですが、ママさんが「雨の中ありがとうね」と、
スペシャルお通しを出してくださいました。柚子の中は牡蠣グラタンです。おいしっ!

b0184901_15572462.jpg


More
[PR]
by eichikay | 2009-12-14 16:15 | 酒場放浪

なな福と日の出でハシゴ酒

雨の土曜日。今日は毎週お邪魔している江戸一がお休みなので、久しぶりに豚太郎に
行ってみました。お店にも看板にも煌々と明かりが灯っているのですが、引き戸には
鍵がかかっています。オットが開いている窓からのぞいてみると、病気でお休みしていた
ご主人が元気そうに仕込み中。「7時からなんです、ごめんね。」とのことで、雨の中
30分も待てそうにないので、駅前のなな福を開拓することにしました。
「美人ママが作る美味しい家庭料理。ついつい通ってしまう。」というブログのコメントに、
ちょっと惹かれてたの。ベタな電飾看板がいいですねえ。

b0184901_17322368.jpg


More
[PR]
by eichikay | 2009-12-05 23:24 | 酒場放浪

おこげあんかけ@あきた

いかなイタリア料理好きの私とは言え、帰国直後はやっぱり和食&中華モードです。
週末にオットを誘って、お気に入りの田舎料理・あきたへ。ここは、友達の料理上手な
お母さんに地元秋田のお料理をご馳走になっているような気持ちになるお店です。
定番のお料理もいいけれど、白板に書かれている「本日のメニュー」が楽しみなの。
一度として同じものにお目にかかったことがなく、いったいどれだけレパートリーをお持ち
なのかしら?と、感心してしまいます。
今日のヒットは、「手ごねおこげのあんかけ」。炊飯器からご飯を出してにぎって何やら・・
という様子がカウンター越しに見えましたが、できあがりは立派なおこげになっていました。
うーーん、どうやったらこんな風に?出汁もほど良く、具だくさんで美味しい一品でした。
「きりたんぽの本場だし、米の扱いが上手いんだよ」というのが、オットの弁。
私のお勧めのお店を探して来てみた、というNRKさんご夫妻とバッタリお目にかかれたのも
嬉しいサプライズでした。

b0184901_1354098.jpg

[PR]
by eichikay | 2009-11-29 13:40 | 酒場放浪