美味しい食べものとお酒、旅にまつわる日記
by eichikay
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
レストランクルーズ
酒場放浪
ワインワインワイン
ワイン&ディナー@Kay's
ワインクラス@Atelier
おうちごはん
修行中です
大きな旅小さな旅
美味しいものいろいろ
日々のできごと
未分類
以前の記事
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:大きな旅小さな旅( 21 )

手前、生国発しますところ、

葛飾柴又の「団子・とらや」の寅さんポスター前の甥っ子ちゃん。帽子の形がかなり違う
けど、ポーズは「お控えなすって」風ではありませんか!?
上京してきた両親と、妹一家、私達夫婦で柴又観光に行ってきました。駅前の寅さんの
銅像と一緒に写真を撮り、とらやで団子とビールを味わい、帝釈天へ・・・という、まさに
おのぼりさん一行です。

b0184901_13302142.jpg


More
[PR]
by eichikay | 2010-04-15 13:25 | 大きな旅小さな旅

ホテルの朝食

「イギリスで美味しいものを食べようと思ったら、朝食を一日3回食べなさい」と言った
のは、サマセット・モームでしたっけ。これは、イギリスに美味しいものがあまりないと
いう揶揄ですが、私はこの朝食だったらホントに一日3回食べてもいいなあ。
炊きたてのご飯に、鍋仕立ての煮物や地元産のお造りと干物など10種類以上のお菜が
並ぶ、エクシブ淡路島の和朝食です。美味しくて、朝からもりもりいただきます。
おうちでは絶対できない、ホテルならではの朝食の贅沢。幸せな一日のスタートです。

b0184901_2333943.jpg

[PR]
by eichikay | 2010-02-22 22:56 | 大きな旅小さな旅

2009晩秋・北イタリアの旅~1日目・ミラノへ~

12:00成田発のJAL417便で、妹&甥っ子の待つミラノへ向かいます。満席の機内。
円高やフライトが安くなる季節のせいでしょうか。ご年配の団体客が多いようです。
3人席のお隣は、初々しい福岡からの新婚さんカップル。お二人とも(特に奥様が!)
イケる口で、お食事の乾杯からご一緒させていただき、楽しい機内になりました。
出発が1時間ほど遅れたにも拘らず、定刻にミラノ・マルペンサ空港に到着。
ターミナル1はコンパクトで、あっという間にリムジンバスに乗り込めます。すでに妹達が
滞在しているホテルは、バスが到着するチェントラーレから200mほどの便利な場所です。

b0184901_22144538.jpg


More
[PR]
by eichikay | 2009-12-01 23:06 | 大きな旅小さな旅

2009晩秋・北イタリアの旅

私にとっては11日間、妹&甥っ子にとっては13日間の、ミラノ~ヴェネツィア~ヴェローナを
巡る北イタリアの旅から、3人とも元気に無事帰国しました。
グルメや美術鑑賞、ショッピングはほとんどできなかったけれど、これまでとは違う目線で
のんびりと街を歩き、イタリアを眺めた素晴らしい旅になりました。
3歳2ヶ月の甥っ子の小さな手の温もり、抱っこした腕にかかる重み、はしゃいだりぐずったり
する幼い声・・・それらとともに、晩秋の北イタリアの空気を思う存分吸い込んできました。
妹と甥っ子に心から感謝!素敵な旅をどうもありがとう。

b0184901_1705370.jpg

[PR]
by eichikay | 2009-11-27 16:47 | 大きな旅小さな旅

貧乏だけど贅沢

1999年発行の、沢木耕太郎の旅を巡る対談をまとめた「貧乏だけど贅沢」を読みました。
文庫本の「深夜特急」の巻末にも掲載されていたらしいのですが、井上陽水、阿川弘之、
此経啓助、高倉健、群ようこなどバラエティに富む10人との対談集です。
「深夜特急」は、私の一つの人生の転換点、ひょっとしたら今の私の基点になった書籍と
言っていいかもしれません。世界は広く、その距離感は自分の足で確かめられるものなの
だということが、それまでの人生の閉塞感を打ち破ってくれたような気がします。
「貧乏だけど贅沢」では、何が旅に駆り立てるのか、旅で何を見て何を感じるのか、そして
旅が残してくれるものは・・・ということを語っているのですが、各人の「旅観」と沢木耕太郎の
それが絡み合って、とても面白い一冊でした。
テレビ番組やインターネット、ガイドブック、本、雑誌などを通して、世界中の情報が簡単に
手に入るようになりました。かくいう私も、旅の手配はほとんどインターネットで済ませます。
事前に行きたい美術館や美味しいレストラン、買いたいお土産までチェックして、ある意味
旅が事前調査の追認作業のようになっているのではないか・・・この本を読んで改めてその
感を強くしました。いい、悪いは別としてね。
明日、北イタリアに向けて妹+甥っ子との家族旅行に出かけます。3歳の甥っ子がいますから
無茶はできませんが、今回は沢木耕太郎的感性を持って旅してみたいと思います。地図を
広げて、心惹かれるままに歩いてみましょう。見逃すものや経験し逃すこともたくさんあるかも
しれませんが、その代わりに得るものもあるのではないかしら。何もなくても、愛する妹と
甥っ子とイタリアの空気を胸いっぱいに吸い込んで、その場を感じるだけで十分なのかも
しれません。行ってまいります!

写真は、前回バローロ&バルバレスコに連れて行ってくださった、ミラノのOGHさんへの
お土産のワイン。今回はミラノで妹+甥っ子ともども、お食事をご一緒させていただくことに
なっています。旅の出会いに感謝ですね。イタリアで甲州をいただくなんて、素敵でしょ。
OGHさん行きつけのエノテカで、イタリア人ソムリエの感想も聞いてみたいと思っています。

b0184901_217823.jpg

[PR]
by eichikay | 2009-11-15 20:39 | 大きな旅小さな旅

2009夏・イタリア食の旅~マンマのお料理教室①~

夏の中部イタリアの旅の目的のひとつは、イタリアのマンマの手料理を習うこと!
ボローニャから車で30分ほどの自然派ワイナリーが営む小さなアグリツーリズモで、
手打ちパスタを2日にわたって学んできました。
この見るからに豪快なマリアは、典型的なイタリアのマンマ。マンジャーレ!マンジャーレ!!
マンジャーレ!!!の素朴で陽気な女性で、(英語の通訳つきでしたが)細かいところまで
し~~っかり郷土料理の真髄を教えてくださいました。

b0184901_19493297.jpg


More
[PR]
by eichikay | 2009-10-03 19:25 | 大きな旅小さな旅

2009夏・イタリア食の旅~バローロ&バルバレスコの一日~

今回のイタリア旅行のハイライトは、ピエモンテでの一日だったかもしれません。
ミラノ在住の知人に案内いただき、ミラノから日帰りでバローロとバルバレスコを訪ねました。
収穫まで間もない美しい夏日の、イタリアワインの聖地。ネッビオーロの丘の静かな街を
散策し、カンティーナを巡り、夢のようなレストランで郷土料理とワインを味わい、バローロの
鬼才エリオ・アルターレのワイナリーを訪問しました。なんという幸せ!

b0184901_22465568.jpg


More
[PR]
by eichikay | 2009-09-18 23:04 | 大きな旅小さな旅

2009夏・イタリア食の旅

ピエモンテ~トスカーナ~ボローニャを巡るイタリア旅行から、無事帰国しました。
3月に南イタリアへ旅したばかりで、友人達からは「また行くの?」と呆れられ、父からは
お叱りの言葉もいただいたりしましたが。。。。
とにかく暑かった!!ほとんど毎年このシーズンにヨーロッパへ行きますが、こんなに
暑い思いをしたのは初めてです。それも乾いた暑さではなく、日本と変わらぬ湿気なの。
体温調節のできない私は汗をかきっぱなしでかなり消耗しましたが、世界遺産を巡り、
地元のワインや食事を味わい、マンマの手料理を習い、充実した旅行になりました。
忘れないうちに少しずつ、旅行記を書こうと思っています!

b0184901_23394940.jpg

[PR]
by eichikay | 2009-09-05 23:26 | 大きな旅小さな旅

旅のお土産②

ひとめ惚れで、イギリスの友人達へのお土産に買ってしまった日本酒です。
暑い夏の午後だったので、涼しげなパッケージがツボにはまってしまいました。
かわいい~~!日本らしくて、喜ばれそうです。
JAPANESE SAKEは、最近では世界中で大人気らしいですし!

b0184901_15501158.jpg

[PR]
by eichikay | 2009-08-18 15:44 | 大きな旅小さな旅

旅のお土産①

旅は、「ここへ行きたい!」と思った瞬間から始まっています。
旅先で会う友人達へのお土産を探すのも、旅の一部。
ヨーロッパを旅するときは、駐在時代の隣人を訪ねるため、必ず行きか帰りにロンドンを
ゲートウェイにします。この夏のイタリア旅行ももちろん。
レーシックの手術をしてから目を使う作業を避けるようにしていましたが、隣人達への
お土産を手作りしたくて、久しぶりにビーズ細工にいそしみました。
3月にご主人Jを亡くした私の第二のママRには、元気の出るオレンジ系の携帯電話の
ストラップを。いつもシンプルで綺麗な色のTシャツを着ている82才のPには、ちょっと
華やかなネックレスを作りました。
Rの娘Jには、私とお揃いのネックレス&ピアスのセット。気に入ってくれるかしら?

b0184901_22492965.jpg

[PR]
by eichikay | 2009-08-15 22:38 | 大きな旅小さな旅