美味しい食べものとお酒、旅にまつわる日記
by eichikay
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
レストランクルーズ
酒場放浪
ワインワインワイン
ワイン&ディナー@Kay's
ワインクラス@Atelier
おうちごはん
修行中です
大きな旅小さな旅
美味しいものいろいろ
日々のできごと
未分類
以前の記事
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ワインテイスティング@パークハイアット

パークハイアットで仕事のあったYKちゃんと、デリカテッセンで待ち合わせ。一年越しの
企画になってしまった、「グレープグレイジング」を楽しみました。これは、デリお勧めの
季節のワインを好きなだけ、シェフ特製のアペタイザープレートと一緒にいただけるという
平日夕方のみのテイスティングプランです。この日のワインは、フランス・ラングドックの
トートワーズクリークのものが7種類+ホットワイン。トートワーズクリークなんてフラ
ンスらしからぬ名前からして新興のワイナリーなのでしょうが、高級ホテルの洗練された
空間でいただくと、それなりに思えてしまうのですよね。

b0184901_045347.jpg


More
[PR]
by eichikay | 2010-01-31 00:16 | レストランクルーズ

男っぽい酒場?溝の口かとりや

発展めざましい溝の口の駅前に残る、昔ながらの西口商店街。その短い商店街の中ほど、
焼き鳥専門店かとりやがあります。表の路地側立ち飲み立ち食いカウンターは、焼き鳥を
ほおばり寒さに足を踏み鳴らしながら飲む人達で賑わっています。割り込めそうにないので
店内に入ると、こちらもお隣さんと肩が触れ合うほどギューギューなカウンター。
運よく二人席が空いて、座ることができました。古びた壁、使い込まれた木のカウンター、
もうもうと上がる焼き鳥の煙・・・まさに酒場。黙々と焼き鳥を焼くスタッフの男性2名と、
自分の世界で飲む一人客達(皆さん例外なくレバ刺しを食べていた)が、酒場の雰囲気を
男っぽく骨のあるものにしています。いい感じ!

b0184901_2359445.jpg


More
[PR]
by eichikay | 2010-01-29 23:39 | 酒場放浪

金のカトラリーでエコディナー

有機野菜は高い。農薬・除草剤・化学肥料等を使用して大量に作る野菜と違って手間が
かかるということ、単位面積あたりの収量が格段に少ないことなどが理由としてあげられ
ます。健康にはひと一倍気を使っている私も、やはり有機野菜を購入する際は、家計を思う
と若干の躊躇があります。。。
でも、「高い→売れない→さらに高くなる→有機農法の農家が減る」という循環になるのは、
これからの日本の食を考える意味でも、あってはならないですよね。
と、前置きが長くなりましたが、有機野菜の本当の美味しさを学びつつ生産者と料理人と
食べる人との交流を深める「エコディナーの会」に参加してまいりました。学士会館内の
フレンチレストラン・ラタンの大坂総料理長の企画で、今回が7回目になるそうです。
毎回ひとつの「こだわり野菜」を取り上げて、その野菜の隠れたストーリーと魅力を紹介
するという大人の食育会です。エコディナーでありながら、さすが学士会館!テーブルには
純金のカトラリーと参加者のイニシャルが刺繍された真っ白のナプキンが・・・。美しい!
本物の金のカトラリーは、学士会館、皇居、帝国ホテルにしかないそうですよ。

b0184901_22544985.jpg


More
[PR]
by eichikay | 2010-01-27 10:37 | レストランクルーズ

初はさみ将棋はどうよ?

その前日は、フラレッスンに出かける妹と私に「行かないで~」と追いすがって、さながら
金色夜叉状態でしたが、程なく戻ってくることがわかったのか、男三人のお留守番も楽しい
と思ったのか、二日目のフラレッスンにはニコニコと送り出してくれた甥っ子ちゃん。
「おじちゃん、ママたちま~た~フラに行くんだって」なんて、オットに言いつけたりも
していました。呆れちゃうよね、ってなもんなんでしょうか。
1時間半ほどのレッスンを終えて帰宅してみると、オットの指導の下、パパ(義弟)と初めて
のはさみ将棋対局に挑んでいました。なかなかサマになってますよ。

b0184901_0514323.jpg


More
[PR]
by eichikay | 2010-01-25 00:43 | 日々のできごと

2010年最初のクラス@Atelier

恵比寿の小さなお料理教室&カルチャーサロンで、少人数のワインの講座を持たせて
いただいています。講座というより、お勉強を兼ねたワイン会といった感じですね。
この講座の何より素敵なところは、アットホームな雰囲気の中でお料理も合わせてワインを
楽しめるということ。40-50分の勉強の後は、4種類程度のワインをテイスティングしながら、
お料理の先生が作るワインに合わせたお料理とパンの先生が作る焼きたてパンが♪
美味しいワインに美味しいお食事とくれば、盛り上がるのも当然。ワイワイと楽しい会です。

2010年のスタートは、基本に立ち返って「テイスティングの基本」を再確認しました。
新しいメンバーの方にレクチャーしたいというのもありましたが、このクラス、メンバーが
とても仲良しでいつも大賑わい。その上美味しいお食事と一緒のワインをいただくので、
テイスティングがどうしても疎かになっているような気がするなあ、と年末反省したのです。
2010年は心機一転、皆さんにもちょっと真面目にテイスティングに励んでもらおうと、
レジュメの形式やレッスンの時間配分も変えてみました。白はシャルドネ&グレカニコ、
赤はシラーをお料理の前にルールに則ってテイスティングし、コメントを項目ごとにきちんと
テイスティングシートに書いてもらいます。皆さん、なかなか真剣です。

b0184901_1765228.jpg


More
[PR]
by eichikay | 2010-01-23 16:46 | ワインクラス@Atelier

シャンパーニュでお誕生会

「40歳のお誕生日の記念にアンリオの1998を買ったので、一緒に開けてくれませんか?」
と、OKYちゃんからの嬉しいお誘い。もちろん開けさせていただきますともっ!
ANちゃんと二人先輩風をちょっと吹かせて40代の心得など・・・ということもありませんが、
我が家でOKYちゃんの"シャンパーニュお誕生会"を開催しました。
プレ-シャンパーニュを日本酒のスパークリングにしたので、前菜は珍しく和風です。
いただきものの「わらびの里料亭の味」3種と、半熟煮卵、たたき牛蒡。

b0184901_16151729.jpg


More
[PR]
by eichikay | 2010-01-22 16:07 | ワイン&ディナー@Kay's

シュトーレンを焼きました

ワインクラスでいつも美味しいパンを焼いて出してくださるYUKO先生に、季節外れになって
しまいましたが、シュトーレンのお教室を開いていただきました。年末にプレゼントしていた
だいたのが、これまで食べてきたどんなシュトーレンより美味しくて、どうしても自分の
レパートリーに加えたくなってしまったの。普段は恵比寿のアトリエでパン教室を主宰する
YUKO先生ですが、最近自宅のマンションをお教室ができるように改装されました。今回、
私は祐天寺のYUKO先生宅にて、もう一名の生徒さんとご一緒させていただきました。

b0184901_2102576.jpg


More
[PR]
by eichikay | 2010-01-20 20:55 | 修行中です

鍋2種類の新年会

YKKさんの作る坦々鍋は、辛くてまろやかで大好き!コラーゲンボールが入っているので、
翌日のお肌はツヤツヤになります。昨冬は、ほとんど毎週末のようにこのお鍋を一緒に食
べて、なんとオットは頬の大きなシミが消えてしまったのですよ。残念ながら私のしつこい
シミは、消えるにはいたりませんでしたが・・・
「新年会やりましょう」と久しぶりにいただいた坦々鍋は、豆腐、白菜、大根、豚肉、椎茸、
えりんぎ、ネギと具沢山で、じんわりした辛さが美味しくて温まります。

b0184901_20484527.jpg


More
[PR]
by eichikay | 2010-01-19 20:42 | おうちごはん

優雅なランチ@学士会館ラタン

山梨から少しの間上京しているNMちゃんと、神保町でランチ。久しぶりに、学士会館の
ラタンに行ってきました。学士会館全体が、明治初期のクラシカルな様式をそのまま残し
つつ、数年前に少し改装を加えたようです。フレンチレストランのラタンも、以前に比べて
洗練された感じがします。
学士会館は、私達が結婚式を挙げささやかな披露宴を開催した場所でもあり、思い入れも
あるせいか、ここを訪れると静粛な気持ちになります。

b0184901_944548.jpg


More
[PR]
by eichikay | 2010-01-18 09:37 | レストランクルーズ

あのバルベッラともう一度会いたくて

昨年の11月にICAROでいただいた、バルベッラのこれまでの印象を覆す素晴らしい1本が、
Casa coriniのBARBERA D'ASTI。もう一度会いたい!あの妥協のない郷土料理と共に、
北イタリアの旅を追憶したい!という想いで、中目黒のICAROを再訪しました。
お店のお正月休み中にメールで予約をお願いし、もう一度同じワインをいただきたい旨
書き添えておいたところ・・・ちゃんと準備して待っていて下さいました。さすが宮本兄!
「前回は2003をお出ししましたが、1996が手に入りましたのでぜひ」とのこと。
濃厚と言えるほど果実がしっかりあった2003。ほどよい熟成を経てまろやかさも加わった
1996は、さらに素晴らしいものでした。宮本兄は「この作り手は好き放題作ってますから」
とおっしゃいますが、私はなかなかの策士だと思う。奔放さもあるけれど、どこか緻密な
ワインです。ご一緒したKBさんも絶賛!

b0184901_23115450.jpg


More
[PR]
by eichikay | 2010-01-16 22:58 | レストランクルーズ