美味しい食べものとお酒、旅にまつわる日記
by eichikay
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
レストランクルーズ
酒場放浪
ワインワインワイン
ワイン&ディナー@Kay's
ワインクラス@Atelier
おうちごはん
修行中です
大きな旅小さな旅
美味しいものいろいろ
日々のできごと
未分類
以前の記事
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

大露路@新橋

オヤジの聖地・新橋には安くて面白い酒場がいっぱい!中でも吉田類の酒場放浪記で紹介
された大露路は、いつのぞいてもいっぱいで入れない熱気あふれる酒場です。
この日も6時前に駆けつけてみたけれど、やっぱり満席。魚の美味しい居酒屋で飲んだ後、
8時半頃もう一度寄ってみると、運良く帰るお客さんがいて初めて入店に成功したのでした。
6人掛けのテーブルに、すでにいる3人のお客さんと私達2人が相席。どうやら日テレの
方々?(近いですもんねー)座るなり、「この店初めて?」から始まり、5人の合コンのりです。
そういえば酒場放浪記のWebsiteにも、「隣に座ればすぐに友達」って書いてあったなー。
名物の厚切りハムカツ、焼きビーフンを食べて(食べて来たのにねー)、トマト割りを2人で
5杯飲んで、お勘定はなんと2100円!全品300円なんですね。美味しくて楽しくて、この
コストパフォーマンスにはびっくりです。これならお小遣いピンチでも飲めちゃうね。
オットに自慢したら、「そんな店、新橋にはいくらもあるよー」ですって。
オヤジ化激しいワタクシ、新橋もテリトリーに入れさせていただきます。

b0184901_22111185.jpg

[PR]
by eichikay | 2011-05-31 21:49 | 酒場放浪

レ・ミゼラブル@帝国劇場

1985年のロンドンオリジナル版の日本公演はこれで最後、というレ・ミゼラブルを帝劇で
観てきました。ウエストエンドでは4回観ていますが、日本では初めて。(生意気~!)
原作の力もありますが、音楽も演出も素晴らしく、様々なペーソスが盛り込まれていて、
これまで観た中では最も好きなミュージカルなのです。
私のワインクラスの生徒さんが革命の中心になる学生にキャストされ、初の大舞台!
ステキでした~。彼が出ている場面では、学芸会を観にいった母親のように彼ばかりに
注目してしまい、うっかり細部を見逃してしまった感はありますが・・・

b0184901_1543415.jpg

[PR]
by eichikay | 2011-05-31 14:54 | 日々のできごと

誰にも当てられなかったワイン

ソムリエ協会のシニア資格受験対策クラスの先生が、南麻布の素敵なご自宅で、合格
お祝い会を開催して下さいました。ワインは先生セレクトで、この期に及んでブラインドで
出されます。「みんなもうシニア資格者なんだからね~」ということで・・・
でもそこはさすがみんなダテに飲んでない、勉強してない!
「これはリースリングですね。線の細さと強さを考えるとアルザスかな。」とか「ソーヴィヨン
ブラン!果実味の豊かさが際立っているので、新世界かと思います。」などなど分析し、
産地はともかく品種は全員一致で次々と当てていきます。
そんな中、遠からずとも誰も当てられなかったのがこのワイン。グルナッシュが大勢でしたが、
(私はムールヴェドルと回答)実は南ローヌのシラーでした。南ローヌと言えばグルナッシュ
だし、ムールヴェドルもあり得る。ということで、先生からは合格点をいただいたのでした。

b0184901_21463127.jpg

[PR]
by eichikay | 2011-05-29 21:38 | ワインワインワイン

手土産のスコーン

知人宅でのワイン会に出かける直前、急に思い立って手土産にスコーンを焼きました。
先週、図書館で借りたお菓子の本に載っていた「バナナと胡麻のスコーン」を作ってみたら、
「意外な美味しい取り合わせです」って書いてあったのに意外とパサパサしていまひとつの
お味でがっかりしたのですね。で、今日はいつものレーズンスコーンにローストした胡桃を
入れてみました。基本のレシピは、もう10年くらい前に両親+妹+私達夫婦でアイルランド
旅行をした際に宿泊したB&Bでもらったもの。車で遠い道のり到着した私達を、焼きたての
スコーンと紅茶でもてなして下さった、思い出のレシピなのです。間違いなしの美味しさ。

b0184901_1795726.jpg

[PR]
by eichikay | 2011-05-27 17:04 | 美味しいものいろいろ

夜食屋275@白金北里商店街

どこの駅からも結構遠い白金北里商店街、昔からの中華やお蕎麦の名店もありますが、
最近面白そうな飲食店が増えてきました。
その中の一つ、夜食屋275はレストランというよりワインのギャラリーのよう。通りに面した
ウィンドウにしつらえられた棚には、自然派のワインが綺麗にディスプレイされています。
中には北欧風のテーブルが1個置かれ、それを囲む6席と小さなカウンター1-2席。
黒板になった壁面に手書きされた計20種類ほどの今日のお勧めがメニューの全て、という
シェフが一人で営む小さな小さなワインビストロです。
この小ささと温もりのあるテーブルや椅子、何となく心地いい。友人と二人でシャンパーニュ
を空け、気持ち良く目黒駅まで20分ほど歩いて帰りました。

b0184901_14525831.jpg

[PR]
by eichikay | 2011-05-25 14:43 | レストランクルーズ

赤いお花と赤いリップグロス

友人から去年の末以来赤に凝っている私に、合格祝いに素敵なプレゼントを頂きました。
赤いミニブーケとよーじやの真っ赤なリップグロスです。嬉しい!!友人の優しい心遣いと
センスの良さに感激。ありがとう~♪

b0184901_14422781.jpg

[PR]
by eichikay | 2011-05-25 14:37 | 日々のできごと

合格祝いの鳥樹@旗の台

「合格祝いしましょ」と、ご近所友達が連れて行ってくれたのが、旗の台の有名店・鳥樹。
一見普通の焼き鳥居酒屋風ですが、いわゆる焼き鳥屋ではなく、鶏料理のお店です。
カウンターの中には割烹さながらのいでたちの料理人の方々、サービスは中国人?という
不思議な取り合わせも面白い。カウンターにはいかにも常連さん達が集い、テーブル席も
7時にはいっぱいになってしまう人気のお店です。ここは友人のホームグラウンド、お勧め
の軟骨の唐揚げ、モモ肉のたたき、ささ身の山葵はさみ焼き、串焼きなどを生ビールを
ぐいぐい飲みながら堪能しました。鶏は丸ごと仕入れて当日捌いたものを出しているそうで、
どれも一味上級の美味しさ!ご馳走さまでした。

b0184901_14271628.jpg

[PR]
by eichikay | 2011-05-24 14:20 | 酒場放浪

ル・ブルギニヨン@西麻布

華美すぎない優雅さ。フランスのちょっと田舎のグランメゾンといった佇まいや雰囲気も
さることながら、お料理の素晴らしさに感動!ワイン仲間10名が集い、ミシュラン一つ星の
フレンチ「ル・ブルギニヨン」でお食事&ワイン会です。
菊池シェフの「60のブルゴーニュワインに捧げる60のブルゴーニュ料理」というお料理本を
見て、使われている非日常的な食材の多さと工程の多さにたじろいてしまい、「これはお店で
いただかなくちゃ」と。。。彼のレシピの中から、気合を入れて私が3日がかりで作ってみた
ブッフ・ブルギニヨンがあまりに美味しかったこともあり、期待に胸膨らませて伺いました。
お誕生日とシニアワインエキスパート合格も皆さんに祝っていただき、至福の夜!

b0184901_17492173.jpg


More
[PR]
by eichikay | 2011-05-21 17:46 | レストランクルーズ

MOSAIQUE@表参道でクラス会

ピエール・ガルニエールが全日空ホテルに移転した後にできたMOSAIQUEの親会社に
勤めているというワインスクールのクラスメイトがいて、クラス会を仕切って下さいました。
ボリュームたっぷりで食べ飽きてしまう前菜、やや乾燥ぎみの魚料理、塩味の強すぎる
肉料理と、お料理は今一歩かと思いましたが、シャンパーニュに始まって、白2種、赤2種
(メインはちゃんとGeverey-Chambertin)と甘口ワインまでコースで出して下さって、
ニューヨークのアップタウンにあるような洗練されたレストランで、楽しいひと時を過ごさせ
ていただきました。また来月も楽しみです!

b0184901_029667.jpg

[PR]
by eichikay | 2011-05-21 00:16 | レストランクルーズ

まんぷく@恵比寿でワインと焼肉

久しぶりの焼肉!タン塩焼き発祥のお店という「まんぷく」は、洒落たインテリアに落ち着いた
雰囲気で、若い女性やカップルに人気のお店のようです。焼肉店としてはしっかりしたワイン
の品揃えですが、今回はワインを持ち込みさせていただきました。
焼肉にベストマッチのセパージュって何だろう??とずいぶん迷った挙句、やっぱりここは
ボディのあるカベルネ・ソーヴィニヨンに落ち着きました。
豚トロとタン塩にはグラスのシャルドネをいただいて、カリフォルニアのカベルネに合うお肉を
逆に選んでもらいました。厚切りのロースと(これじゃステーキだ!)とハラミです。

b0184901_179225.jpg


More
[PR]
by eichikay | 2011-05-20 16:58 | レストランクルーズ