<   2009年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

屋久島の焼酎@馬車道のバー

桜木町で会社を経営するABさんと、馬車道のスペイン料理で忘年会。
まだ時間も早いので二次会でも・・・と立ち寄ったのが、なんとも味のあるバー
りいべるでした。スペイン料理に行く前に、たまたまこのバーの前を通りかかり、
中高年のオジサマ達がずらっと(それも皆さんお独りさま風)カウンターでビールを
飲んでいるのがガラス越しに見え、興味をそそられていたのです。
6-7人でいっぱいになるカウンターとテーブル席が2つ。昔の喫茶店のような、
スナックのような、昭和な雰囲気の漂うバーです。穏やかな笑顔と語りのマスターが
お一人で、30年この地でバーを続けられてきたとのこと。馬車道の歴史そのものですね。
ドイツビールを飲んでいると、年末で帰省してきたというマスターの息子さんが焼酎の
一升瓶を提げて登場。なんだかふんわりした昆布のような雰囲気のマスターと対照的に、
肉食系のスポーツマン(イケメン!)、きびきびとした明るい口調の好青年です。
「これ、屋久島の焼酎なんです。飲んでってください。」とご馳走になり、マスターの
昔話や息子さんのお仕事の話、結婚論などに盛り上がり、夜はふけていきました。

b0184901_18533058.jpg

[PR]
by eichikay | 2009-12-29 18:37 | 酒場放浪

ワインクラスの忘年会@アトリエ

恵比寿の小さなお料理教室&カルチャーサロンで、少人数のワインの講座を持たせて
いただいています。講座というより、お勉強を兼ねたワイン会といった感じですね。
この講座の何より素敵なところは、アットホームな雰囲気の中でお料理も合わせてワインを
楽しめるということ。40-50分の勉強の後は、4種類程度のワインをテイスティングしながら、
お料理の先生が作るワインに合わせたお料理とパンの先生が作る焼きたてパンが♪
美味しいワインに美味しいお食事とくれば、盛り上がるのも当然。ワイワイと楽しい会です。

12月の今回は、忘年会を兼ねて。前回皆さんに「飲んでみたいワイン」をリクエストして
いただき、私がアレンジしました。Yoko先生のお料理にYuko先生のパン、一人一品持込の
おつまみで、すばらしく華やかなテーブルになりました。

b0184901_2356727.jpg


More
[PR]
by eichikay | 2009-12-27 00:52 | ワインクラス@Atelier

チャイニーズとウイスキーのクリスマス

「私は仏教徒。クリスマスなどというバテレンの祭りは関係ございません。」
というオット。結婚ウン年、もちろんイブも当日もいつもと変わらぬ深夜の帰宅で、
枕元にプレゼントが置いてあるなんてサプライズもありません。
今年の25日は、OKDさんと白金高輪のCoolie's Creekで、美味しいチャイニーズを
いただきました。ここ6-7年、なぜか恒例のようにクリスマス当日をご一緒させて
いただいています。毎年、「クリスマスとは関係のないメニューのお店」を探したり
するのも、また面白いんですよね。
Coolie's Creekは、音楽や美術品などのアートとモダンチャイニーズを楽しめる、
キッチュやレトロのテイストも盛り込まれたカジュアルなお店。古川橋の袂です。

b0184901_0161281.jpg


More
[PR]
by eichikay | 2009-12-25 00:01 | レストランクルーズ

蕎麦屋で蕎麦なし忘年会

わりと人見知りするタイプなんですが、週に3回もフィットネスクラブに通って
いると、それなりに言葉を交わす顔見知りの方々が増え、そのうち「飲みましょ」
なんて話も出てきたりします。特に食いしん坊の方とは、お互いにそのオーラを
キャッチして、仲良くなったりするんですよね。
戸越銀座の正乃家で、そんな仲間との忘年会です。「魚が新鮮で美味しくて、日本酒の
いいのも揃ってるのよ~」と、陽気で可愛いNMTおばさまのお勧めのお店。
何度か前を通りかかり、端正な佇まいから高級で気取ったお店かと思っていたのですが、
ほどよく洗練されながらも庶民的な雰囲気の蕎麦割烹です。
新鮮なお刺身や牛のタタキなどお料理はどれも美味しいし、お酒の値段もいたって
リーズナブル。メニューもバラエティに富んでいます。ご近所にも、まだまだ知らない
いいお店があるんですね~。
フィットネスクラブの噂話や、美味しいものの話、スタジオ内ではなかなか語れない
家族の話など話題は尽きず、次々と日本酒もいただいて、楽しい忘年会でした。
そうそう、〆の蕎麦に行きつけなかったのが残念!焼きソバなんて食べちゃって。。
来年も一緒に身体を鍛えつつ、また飲みましょうね!

b0184901_23554670.jpg

[PR]
by eichikay | 2009-12-24 23:18 | レストランクルーズ

フレンチ後の酒場「忠弥」

五本木のBON CHEMINで、フレンチとワインを堪能したぴーちゃんと私。
その前日にジムのスパで仕入れた「祐天寺に面白い酒場があるよ~」というネタを
披露したところ、「この辺りなんてめったに来ないから、今から行く?」なんて話が
まとまってしまいました。あなオソロシや。。。
開店は3時で開店前から行列ができているという有名店らしいのですが、4時に到着
するとあっさりと入ることができました。なが~いカウンターとテーブル席が一つ。
酒場のお約束・一人飲みの常連さんやご年配のご夫婦、会社帰り(というには早過ぎ
るだろっ)のサラリーマンなどで、ほぼ満席です。カウンターの内側にも、お客さん
が座れるようになっているのが面白いね。

b0184901_22594172.jpg


More
[PR]
by eichikay | 2009-12-23 22:52 | 酒場放浪

ランチ忘年会@BON CHEMIN

平日、フレンチのランチで忘年会、なんていうのは、主婦の特権ですよね~。
イタリア土産と香港土産の交換会も兼ねてのぴーちゃんと二人の忘年会の会場は、
五本木のBON CHEMINとなりました。クリスマスシーズンということもあり、
それっぽい(?)お店にいくつも振られ、ようやく予約のとれたお店なのですが、
これは大当たり!簡素すぎずゴージャスすぎない柔らかな佇まい、正統派だけど
重過ぎないフレンチ、適度な距離感のあるサービス・・・私は大好きだなあ。

b0184901_22154570.jpg


More
[PR]
by eichikay | 2009-12-23 22:01 | レストランクルーズ

東京の「都市と星」

晴海埠頭フェリーターミナルからお台場を望む、息を呑むような眺め。
20年以上前に読んだ、今は亡きアーサー・C・クラークの「都市と星」を思い出し
ました。そう、私が「閉ざされた永遠の超未来都市・ダイアスパー」からイメージ
したのは、まさにこんな風景でした。空はまるでダイアスパーと同じくドームに
覆われているかのような・・・。人間は一体どこへ向かっているのかと、不安さえ
感じさせるような美しさです。
「都市と星」では、主人公は、行ってはならない境界の向こうを目指して旅立ちます。
私も思わず、境界線の先にある別の世界を探しに出かけたくなりました。。。

b0184901_2204958.jpg

[PR]
by eichikay | 2009-12-22 17:19 | 日々のできごと

メレフラ with ALDEN LEVI

フラを始めてはや2年。ハラウに所属しているわけではなく、フィットネスクラブの中の
レッスンではありますが、それなりに熱中しています。
夏に引き続き、恵比寿で開かれたメレフラ・クリスマスパーティに行ってきました。
今回は、人気急上昇中のハワイアンシンガー・ALDEN LEVIさんを招いて、生演奏で
踊ってしまうという、ゴージャス企画。見るからにハワイアン、なALDENさん、可愛い!
ハワイのそよ風に吹かれているような気分にさせてくれる、素敵な歌声です。
「別にカッコよくなくても、間違ってもいいの。自分が踊って楽しむことが大事なの。」と
いう開き直りで、少しでも知ってる曲にはじゃんじゃんチャレンジ!母の手作りの赤い
ドレスで踊りまくり(ママ、いつもありがとう!)、来年はもっともっと練習するぞと誓った
楽しいフラの夜でした。

b0184901_1758720.jpg

[PR]
by eichikay | 2009-12-21 17:48 | 日々のできごと

LOASINAのベジタリアンランチ

たくさん飲んだり食べたりする機会が続き、すこ~し胃のあたりが重い気がして、
関西から出張に来たNRMちゃんとのランチは、自然食レストランLOASINAへ。
外苑前、青山通りから少し入った静かな通りにある、居心地のいい素敵なお店です。
オーガニックの野菜や飼料・環境にこだわった農園の肉や卵を素材に、化学調味料を
一切使わず、自然な味わいのお料理を食べさせてくれるということ。
サラダ、前菜のキッシュ、ミネストローネ、メインに選んだ野菜のグリル、どれも本当に
野菜が生き生きとしていて、塩とオリーブオイルだけで美味しくいただけました。
9月に課長に昇進したNRMちゃんの仕事のグチに笑いながら、ゆったりと気持ちの良い、
そして身体にも良いランチタイムでした。

b0184901_17381353.jpg

[PR]
by eichikay | 2009-12-20 17:23 | レストランクルーズ

朝晩香りに癒されています

今年はすっかりイタリアにはまってしまった私が、最近使い始めたイタリアの化粧品
ホルタス・フラトリス」は、イタリアの修道院で受け継がれてきた植物学や薬草学の
レシピを現代風にアレンジしたというもの。エイジングケアに強いということなのですが、
何より素敵なのはその麗しい香りなんです。
美容液は甘い蜜や花びら、ワインのセパージュならヴィオニエのような・・・乳液はやや
さっぱりと森や柑橘類のある果樹園、ソーヴィニヨンブランを思わせるような香りです。
リッチというより穏やかで優しい使い心地の化粧品ですが、この香りだけでふわっと
癒されて、幸せな気分になれます。これってきっとお肌にもきいてきますよね。

b0184901_2123063.jpg


More
[PR]
by eichikay | 2009-12-18 20:41 | 日々のできごと